News 移住者の声

「本当の自分」で、愛する宮崎で暮らしたかった

僕が上京した理由は「宮崎が窮屈だったから」でした。嘘のない自分でいたかったんです。幼少の頃から女の子であることに違和感を感じながらも、女の子でいなければならない!そうした方がいいんだ!と言い聞かせながら過ごしてきた学生時代。身体に心を合わせようとして一生懸命でした。身体と心が一致しないモヤモヤした感覚を持ち続け、皆んなと同じ「普通」でいることが窮屈になり、環境を変えよう!都会に行ったら自分らしくいられるのかも!と期待し上京しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

就職先は広告関係で楽しい職場でした。そして、女性として働いていました。女性タレントにマイクを仕込む際、女性スタッフだからという理由で任され、後ろめたい気持ちで仕事をしていました。その頃は彼女がいて、周りのごく親しい人には、彼女の存在を伝えることができていました。しかし、自分の性別の違和感を伝えるというより、好きな人が女性ということで伝えていたように思います。

 

そんな時その彼女が「ダブルハッピネス」という本をくれたんです。著者、性同一障害の杉山文野さんとの出会いでした。女性として生まれ、心は男性という今までの人生を包み隠さず綴っている本でした。心と身体が一致しないモヤモヤした思いが、自分と全く一緒だったんです。すぐに会いにいきたい!と思い、本で告知のあった地域のゴミ拾いボランティア「グリーンバード歌舞伎町」に参加しました。そこにいたメンバーは性同一障害の当事者や当事者ではない理解者も多く、正直な自分でいることができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも生活の中では本当の自分でいられる割合が2割ほどだったんです。8割は「嘘の自分」。全て「本当の自分」にしたい、そう強く思うようになりました。一番大切な家族に本当の自分を知って欲しいと思ったのです。一番言えなくて、一番受け入れて欲しい相手でした。

 

宮崎に帰ろう!そして本当の自分で過ごそう!そう決心して宮崎に帰り家族に打ち明け、心と身体を一致させるためにホルモン治療、外科的手術も行いました。母親は受け止めてくれましたが、はじめは父親には受け入れてもらえてませんでした。しかし今思うと、出て行けと言わず一緒に暮らしてくれたことは、父親にとっては受け入れだったのかもしれません。

 

心と体が一致した状態で東京で色んなことにチャレンジしたくて再度上京しました。様々な経験をする中で、よく海を見に行っている自分がいました。「宮崎の海ってスゴく綺麗だったんだな…宮崎の海がみたいな…」本当の自分で過ごす中で、宮崎が好きなんだということを確認したんです。家族のことや色々なタイミングが重なって、宮崎へ帰ってきました。宮崎の海はやっぱり綺麗ですね!空も自然もスゴくいい!写真によくおさめています。宮崎の職場の仲間や友人たちは、男性か女性ではなく「1人の人間」として付き合っている人たちばかりです。ウェルカミングな温かい人たちがたくさんいます。

1499320592450

今は宮崎でゴミ拾いボランティア「グリンバード宮崎」への参加や「LGBT」を知ってもらう活動を行っています。宮崎は情報が遅いことが多いですし、人と違うことを避ける傾向が強い。しかし宮崎市は行政が積極的で、宮崎市役所職員や教育現場に携わる方たちなどにLGBTの講演を行なっています。素晴らしいことだと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宮崎で僕と同じ悩みや苦しみを持った人たちにすこしでも生きやすくなって欲しいし、僕のように嘘の自分で過ごしてほしくないです。僕は宮崎に同じような悩みのある人たちに居場所に困らないようになっていって欲しいです。昔、僕には居場所がなくて外に出ざるを追えなかった。僕が10年以上前に窮屈に感じて飛び出したくなった宮崎が、すこしでも変わるように活動を続けたいです。そしてこのような活動が必要のない宮崎になるといいなって思っています。

Always cafe Facebook

グリーンバード宮崎

【インタビュア後記】

彼は性同一性障害の治療として外科的手術を選択しましたが、人によりどこまでの治療を行うかは選択肢がいろいろあるようです。串間さんが自分らしくいるための決断だったのだと感じました。

インタビューの間、終始笑顔の串間さん。彼の優しく素敵な笑顔からは様々な悩みを乗り越えた強さが伝わって来ました。

1984年生まれ 20歳で上京、一度Uターンし27歳で再度上京する。30歳で宮崎にUターン。2016年に戸籍上、男性としてスタートする。宮崎の風景が好きで、何気ない風景を写真におさめている。
Always cafe で勤務しながら「LGBT」を広く知ってもらうための活動を行なっている。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム