News 移住者の声

熊本県出身なのですが、サーフィン関係の仕事をしている父親の影響で、中学生の頃にサーフィンのおもしろさに目覚めてしまい、当時から父に連れられてわざわざ宮崎の海まで来て練習をしていました。熊本県にも海はありますが、宮崎の波を知ってしまうと、時間をかけてでも宮崎まで来て、宮崎の波に乗りたくなってしまいます。
高校生の頃にはアマチュアの大会で入賞することも度々あり、友人たちや先輩から「プロを目指せる」と言われて、自分でも将来はプロになりたいと考えるようになっていました。高校卒業時、プロを目指す方法が分からず進路に悩んでいたのですが、父の友人である宮崎産業経営大学サーフィン部の坂上監督の紹介で、同大学にお世話になることに決めました。29177585_1583041071812044_6721197967937634304_n
大学生活も坂上監督のもとサーフィン一筋で過ごし、大学卒業後はサーフィンの練習時間を確保するために就職はせず、アルバイトで稼ぎながら全国で開催されるサーフィンの大会に出場する生活でした。何とかして早くプロになりたいと思っていたのですが、なかなか思うようにはいきませんでした。そんなある日、付き合っている彼女に「ちゃんと安定した仕事に就いて、将来のことも考えて欲しい」と言われたのです。確かにこのままではあまりにも将来が不安なことに、その言葉で気づかされました。
その日からプロサーファーの夢を了承してくれる就職先を探しはじめました。ある断熱材の施工会社が、プロサーファーの夢に理解を示してくれて、なんとか就職することはできたのですが、仕事を始めてみると最初の話とは違い、休みもとれず、ほとんど海に出る時間のない生活になってしまいました。どうしてもプロサーファーの夢をあきらめたくなかった自分は、施工会社を退職し、SNSを使って、プロサーファーを目指しつつ働かせてくれる会社を探していますと呼びかけました。そんな自分に手を差し伸べてくれたのは、宮崎産業経営大学のサーフィン部監督の坂上さんが、介護士として勤務されている有料老人ホーム「あおしま優亞館」だったのです。DSCF3815
介護士の資格を持っていなかったので、3週間かけて講座を受講し介護士資格を取得しました。初めての介護の仕事で最初はとても不安でしたが、施設で働く方々も、入所されている皆さんもとても親切な方ばかりで、すぐに仕事は楽しくなっていきました。介護の仕事はきついと言われていますが、子供の頃から毎日のようにサーフィンばかりやってきた体力に自信がある自分には、介護の仕事がきついと思うことはありません。それよりもお年寄りたちと触れ合い、人生のいろいろなことを教わりながら、空いた時間にサーフィンができる。ここは自分にとって最高の職場だと思っていますDSCF38062
交代制の勤務なので早出の日は夕方から、遅出の日は朝からサーフィンの練習をすることができます。職場も自宅も海も近い、さらにいうと街も空港も近くにある。そんな都市って日本には宮崎市くらいしかないと思います。宮崎市を少しだけスケールアップしたのがハワイなのかなと思っています。これだけの環境がある上に今の自分は仕事にも、人にも恵まれている。みなさんの応援を受けているので、なんとしてもここでプロサーファーになる夢を叶えたいです。
プロになれたとしても他のプロスポーツ選手のように大金を稼げるわけではありません。もちろん世界のトップ10位の選手になればそれなりに稼いでいると思いますが、国内の試合だと優勝賞金で高くて70万円位です。同じ宮崎で行われるゴルフのトーナメントと比べると、サーフィンがお金になりにくいスポーツなのがよくわかります。それでも自分はプロサーファーになりたいのです。
実は熊本県出身のプロサーファーはロングボードの女性サーファーが1人いるだけなんです。熊本県初の男性ショートボードプロサーファーになりたいというのが自分の夢です。子供の頃からサーフィンを教えてくれた父は、自分がプロになる日を楽しみにしていてくれます。恩師である坂上監督も、叱咤激励してくれています。母親は・・・母にとってサーファー=父なので、あんな大人になるのは困ると言われています(笑)父は海にばかり出ていて家のことは母に任せっきりですから。
仕事のために介護士の資格を取得しましたが、プライベートでもその知識は役に立っています。祖母が体調を崩した時などは介護士の経験がとても役に立ちました。プロのサーファーを目指すために始めた仕事ですが、周りの人のためにとても役にたつスキルを学べていると思います。29178706_1583040415145443_4025711522721300480_n
自分は今年で26歳になります。プロのアスリートになるにはもうあまり時間がありません。応援してくれる人々、夢を追える職場、チャレンジする環境が整った今こそ、みなさんの応援に応えるためにも初の熊本県出身ショートボードプロサーファーの夢を必ず叶えたいです。

熊本県出身。父親の影響で子供の頃より宮崎の海でのサーフィン好きに。宮崎産業経営大学への進学を機に宮崎へIターン。プロサーファーを目指す宮崎「Life」

お問い合わせ

お問い合わせフォーム