移住者の声

ネット環境があれば、ITは特に場所を選ばない。だからこそ「宮崎から世界に発信していきたい!」と強く思います。

「子育ては自然環境のいい宮崎でしたい」と、ずっと思っていました。都内出身の妻には結婚する前からそのことは伝えていましたね。今年4月に子どもが小学校入学で、妻の仕事も調整がついたので、そのタイミングに移住することにしました。本格的に動いたのは、2月からですね。まずは子どもの学校を決めました。教育委員会が出している情報などを参考にしながら、自分の母校に通うことになりました。知らないところよりは安心かな、と思って。その学校区から家を決めましたね。

 

hyuugaya_160525_008

自分自身の仕事は、インタークロスで探しました。現在、勤めている株式会社日向屋は、東京のCGや映像制作会社と東京のWEB・DTP・イベントの制作会社が「地方都市での人材育成と人材採用を」という理念のもと宮崎市に設立した会社です。そこで、ECサイトのランディングページや自社コンテンツ(SHOW!Chu♡Girls)のディレクションを手がけています。

hyuugaya_160525_006

関東にいる頃は、渋谷にあるIT関係の会社で働いていました。通勤で満員電車に乗る日々でしたが、今は職場まで歩いて来ることができます。ストレスフリーなこの環境は、最高です! 仕事そのものは、移住前も後もIT業界ですので、業務をする上での大きなギャップはないですね。

IT関係の業種は特に、ネット環境があれば特に場所を選びません。私はこの宮崎からアジア、そして世界に向けて発信していきたい! と強く思っています。

nakamurasan_000

関東に住んでいたとき、よく子どもと一緒に図書館を利用していました。仕事に関する専門書なんかは、結構高額なので、図書館で読むのが日課でした。ただ、関東の場合、駅ごとに歩いていける図書館が多数あるのですが、宮崎には大きな図書館が少ないです。また、通うのにどうしても車が必要になってきます。子どもは、小学校の図書館を利用していますが、もっと気軽にいける大きめの公的な図書館が増えると嬉しいな、と思います。

子育てに最適な自然環境で、最先端の仕事に取り組む日々。まだ移住して2ヶ月程度ですが、毎日とても充実していますし、子どもも楽しそうにしてます。休みの日には近くの河川敷で子どもと一緒に遊んでいます。休日らしい休日を、家族で過ごせていますよ。

 

【会社情報】
株式会社日向屋

プロフィール

 1978年生まれ、宮崎市出身。高校卒業後上京。東京の専門学校を卒業後、約20年関東で過ごし、2016年に宮崎市へUターン。現在は株式会社日向屋に所属しながら、ウェブディレクターとして活動している。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム