移住者の声

「サーフィンするのが楽しい!」って心底言える。それが宮崎の海なんです。

x20170618-DSC07455

〈優典さん〉 大阪では、サーフィンの適地に行くのに最低でも1時間かかります。でも、その海は人が多く、子どもがサーフィンするのには危険な場所でした。だからわざわざ3~4時間かけて、伊勢や高知の方まで行っていたんです。練習を重ね大会に出るうちに、もっとサーフィン中心の生活を送り、技術を磨きたいと思いました。そこで、プロサーファーを多く輩出している、宮崎か千葉に行こうと決めたんです。年中温暖な気候で、街に出るのも空港へも安全な海までも、全て短時間で行ける宮崎を選びました。その選択に両親も賛成をしてくれました。

x20170618-DSC07665

宮崎のいいところを上げだしたらキリがないです。4年たった今でも感動することばかり。大阪にいるとき食べられない野菜が沢山あったんです。ピーマン、トマト、ゴーヤ、ごぼう。それら全て、宮崎に来て食べられるようになりました。驚くくらい、味が違うんですよね。今は木花に家があるのですが、海まで5分、街まで20分、空港まで5分の最高の立地です。海だけでなく陸上でのトレーニングにも最適で、トレイルランができる山や加江田渓谷も近くにあります。本当に恵まれた環境です。あと最も感動したのは宮崎の 「人」  。全力で親身になってくださって、応援してくれる。そんな方が宮崎にはたくさんいらっしゃいます。このお店の店長もその1人です。

x20170618-DSC07586

〈里菜さん〉 人も気候も温かくのんびりした宮崎が、私達にはぴったりでした。ただ、移住したばかりのころは、戸惑うこともありました。サーフィンの世界には、地元の海を地元の人がしっかり守っていく文化があります。そんな地元意識の強さゆえに、外から来る人が最初は避けられてしまうこともあって。私達も最初のうちは、少し警戒されてしまいました。だけど、挨拶をきちんとしたり、自転車を並べたりなど、基本的なマナーを守ることで、少しずつ信頼していただけるようになりました。他にも、私達の様子を見てサポートしてくださる方もでてきて、受け入れていただけけるようになりました。今こんな風にサーフィンを楽しみながら頑張れているのも、宮崎だからこそだと思っています。

x20170618-DSC07544

〈優典さん〉 県外の人からすると 「宮崎って、食べ物が美味しくて自然がいっぱいで…」 といったふわっとした印象なことが多い。もっと強いストーリーで宮崎の魅力を伝えていきたいんです。サーフィンをからめたイベントなどを通して、より具体的に、嘘のない宮崎の芯の部分を届けていきたいです。一度魅力を知ってもらえれば、絶対魅了されると思うので。実際、外からサーフィン仲間が来ると皆 「宮崎はサーフィンするのが楽しい!」 と言ってくれるんです。宮崎に育ててもらったからこそ、恩返しをしたいと思っています。

優典さん、1999年生まれ。里菜さん、2000年生まれ。本格的にサーフィン技術を磨きたいと、大阪府から宮崎市へIターン。国内外の大会で活躍。2016年には、宮崎市からスポーツ優秀賞を受賞。2020年のオリンピックへ兄妹での出場を目指している。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム