移住者の声

はじめての宮崎は、学生時代のヒッチハイク旅。海の広さに驚き、人と人との距離感が心地良かった

20180611144657_IMG_0693

現在25歳なんですが、宮崎との出会いは19歳の時でした。当時大学生だった僕は、約3ヶ月かけて国内45都道府県をヒッチハイクで回ったんです。どこへ行っても人は優しいし、関東では見たことのないような壮大な自然があるし、食べ物だって美味しい。正直どの地域もあんまり変わらないんですよね。

ヒッチハイク_180613_0011

そんな中、宮崎に入った日。とても親切な女性二人組が乗せてくれて県内を案内してくれました。都城市から入り、日南海岸へ。その日は快晴で、広がる海の色や大きさに驚いたんです!今まで知ってる海とは全く違うって。障害物もなく、地平線までバァッと広がる海。感動しました。

海_180613_0002

宮崎の方達は、僕にとって「距離感」もちょうど良いんですよね。近すぎず遠すぎないというか。グイグイ来過ぎることもないけど、話しかければ応えてくれる。その感じも心地よかったです。この感覚は今でも間違ってなかったって思います。

ヒッチハイク_180613_0007

20歳のときには、中央アジアを同じようにヒッチハイクをして回りました。合計で527名の方にお世話になりましたね。大学を卒業し就職となったとき「今度は僕が迎え入れる側としてもてなすことを学びたい」と考え、ホテルマンとして働くことを決めました。そして、大好きな宮崎の海が近い「青島」のホテルで働きました。

ホテル_180613_0003

ホテルマンをやりながら、もっと自分にしかできないことをしたい。人が集まり、くつろげる場を作りたいな、と考えるようになりました。そんなとき、偶然本屋で見た雑誌に「野外上映会」の写真が載っていたんです。開放的な野外、大きなスクリーンの前には、たくさんの人、犬、赤ちゃん。映画館とはまた違った空間。理想とする情景はこれだ!とビビっと来ました。

移動シアター_180613_0020

野外スクリーン事業を手がける団体やグループはあるものの、個人はないということで、個人事業として「移動シアター館長」になることを決めました。

早速貯金をし、機材を購入。SNSでは、今後の事業について発信して、自分をやらなきゃいけない状況に追い込みました。(笑)驚きの声や応援をたくさんいただきました。実は、映画好きでもなんでもないんです。そこもありのまま発信したので、批判もいただきました。でもだからこそ、よりやるしかないってなりましたね。

2016年7月、1年3ヶ月勤めたホテルを退職しました。

20180611144447_IMG_0679

宮崎は大好きだったのですが、まずは機材や設備を完全に揃えるため、情報が集まる東京都内に戻りました。でも「いつか宮崎に戻ってくる!」って思ってましたし、ブログでも発信していましたね。2017年の1年間は都内と鹿児島とに拠点をおき、活動していました。

年間を通して宮崎の仕事が増えていったこともあり、2018年には宮崎に拠点を移すことを決めました。住むなら「青島」に、と空き家を探し始めました。

もっとも大事なのは、こちらが心を開くこと。近所の方への「挨拶」や「積極的なコミュニケーション」を

20180611144101_IMG_0666

ヒッチハイクの経験から、インターネットや雑誌以上に「現地の人に聞いた情報が、もっともリアルで充実している」と思っているので、1ヶ月かけて青島の方200名くらいに話しかけ、情報収集しました。そのおかげで、今の家に出会えましたし、周りに知り合いも増えました。

田舎暮らしに憧れて、地方移住してる若い方達って増えてますよね。そこで結構「頑固だ」とか「閉鎖的だ」とか聞くんです。でも、そんなことないと思うんですよね。挨拶をちゃんとして、こっちから積極的に話しかけて心開いていけば、どんな場所のどんな方達でも受け入れてくれる。感謝の言葉も大事だと思います。

地域で活躍したいなら、インターネット上のインフルエンサーに媚びるよりも、地域の方とのコミュニケーションが大事だって思います。

20180611144437_IMG_0678

この家にある家具家電ってほぼ貰い物なんです。1つ1つのコミュニケーションを疎かにしていないことがよかったのかなって思います。

そのことに気付かせてくれたのも、宮崎なんです。人と人が「会う」機会が多いじゃないですか。ミーティングも「会って」だし、誰か紹介するのも直に「会って」。都会だったら、メッセージ上やチャット上でっていうことも多い。そんな中で、人と人が会って関係性を築くことで生まれる価値を知れた気がしています。

「散歩したくなる」とはじめて思った場所、青島。晴れの日は無条件に幸せです

散歩_180613_0008

宮崎に来て、人生ではじめて抱いた感情が「散歩がしたい」。田舎に行くと車移動が増えて歩かなくなるってよく言われますが、そんなことないと思いますね。僕は、こっちに来て散歩することが増えたので、歩くことも増えました。あとは、晴れてる日って無条件に幸せだなぁって感じるんです!真っ青な空、広い海。すごく気持ちいい。

逆にちょうど今の時期、梅雨はちょっと辛いですね。湿度の高さが東京とは全然違います。一回、車のシートに書類を置いた状態で数日窓を開けていたら、カビが生えたこともあって。県外から移住される方は特に、梅雨の時期は気をつけられた方がいいと思います。

料理の時間も楽しくなりましたね。特に直売所はまるで遊園地!スーパーに1年中あるものではなく、その時期の「旬」がみずみずしい状態で並んでいる。関東では見ない食材もたくさん。行くたびワクワクします。

20180611143751_IMG_0659_2

ここには僕の仲間たちがたくさん泊まりにきます。今も北は札幌から来ているんですよ。みんな一度青島を訪れると、気に入ってくれてリピートしてくれる。すごく魅力的な場所なんだと思います。

これからも自分にしかできない「場つくり」を続けて、人と人との繋がりを大事にしていきたいですね。

移動シアター_180613_0026

 

◼️足立勇馬さん SNS一覧 https://linktr.ee/ada__uma

プロフィール

1992年生まれ。東京都青梅市に生まれる。大学在学中に国内外へヒッチハイクの旅に出る。その際、たくさんの方に親切にしていただいた経験から、自分も迎え入れもてなす側になりたいとホテル業へ就職。その後、自分にだけできることはないかと「移動シアター」館長としての活動を始める。二度目の宮崎市移住。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム