移住者の声

今回は、移住者の声特別企画!

普段、移住を希望する方の相談対応を受ける側、宮崎市移住センターコンシェルジュ入佐(写真右)と宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター 東京支部 移住相談員 勝又さん(左)の対談を行いました。

20180711145114_IMG_1323

毎日のように移住希望者の相談を受ける2人だからこそ見える”MIYAZAKI  LIFE”のリアルをご紹介します。

宮崎ひなた暮らしUIJターンセンターって?20180711145421_IMG_1338

東京都有楽町の東京交通会館8階 ふるさと回帰支援センター内にある、「宮崎県」が運営する移住に関するワンストップの窓口。

移住希望者の生活面のサポートを行う移住相談員と、職業面のサポートを行う就職相談員の二人が常駐されています。

20180711145649_IMG_1340

就職相談員は、宮崎県外に住んでいる方を対象に宮崎県内の就職をサポートする「ふるさと宮崎人材バンク」も運営しています。窓口ですぐに就職の具体的な相談ができるなんて、嬉しいですよね!

宮崎県と宮崎市、窓口連携しています!20180711144537_IMG_1299

入佐:「宮崎県」に相談された方でも、宮崎市への移住を希望されている方がいたら、いつも報告していただいています。結構、『県にも行ったけど市にも』という方も多いです。

勝又:そうですよね。いつもありがとうございます!情報は多いほうがいいと思いますので、ぜひまずはお気軽に来ていただきたいですよね。もっともっと宮崎県と宮崎市、連携していきたいですね!

入佐:はい、ぜひ!移住者や移住希望者の方からしたら、県も市も変わらないですもんね。

宮崎は「チャレンジしやすく、生活の質が上がる」20180711144600_IMG_1302

入佐:宮崎へ移住するのに向いている方って、何かにチャレンジしたい!っていう方じゃないかなって思うんです。

勝又:そうですね。競合も少ないですし。小洒落た飲食店があって、あれ?って気になると移住者さんがやっていたっていうことも多いですよね。

入佐:はい、移住者さんがやっている飲食店多いですし、栄えてますよね。

勝又:どうしても宮崎にいくと給与は下がる傾向があります。稼ぎたいのなら、東京だって思いますね。給与ではない部分、例えば生活面を充実させたいのであれば、宮崎は最適だと思います。

入佐:そうですね!お金には変えられない子育ての環境サーフィンやゴルフといった趣味の部分の優先順位が高いという方には良い場所だと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲宮崎空港から車で15分。宮崎市街地から車で30分でたどり着く海。SUPやサーフィンを楽しめる。

挨拶の捉えられ方が真逆!?20180711144743_IMG_1318

勝又:こちらの窓口に相談にいらっしゃる方は、通勤の満員電車に疲れたという方も多いんです。1時間くらい知らない人と近距離にいる。少し肩が当たると、互いに不快に、という状態に疲れちゃうみたいで。

入佐:そうですよね。

勝又:こちらは人口も多い分、危険も隣り合わせ。身を護ることを前提に動いてしまうので、子どもたちには『知らない人とは話をしない』ように、『挨拶』はしないのが当たり前になっているんですよ。

入佐:え!じゃあ私挨拶しちゃうんで、不審者扱いされちゃいますね。(笑)

20180711144720_IMG_1314

勝又:宮崎の人って、子どもたちは特に挨拶が当たり前ですもんね!むしろ、挨拶しないと『不審者』ですよね!

入佐:そうですね。挨拶の捉えられ方、真逆です。

「交通」のギャップ20180711144651_IMG_1310

勝又:宮崎は『車社会』だという点に関しては、関東の方からすると、まだまだ理解が難しいのかなーというのは感じます。実際に住んでみて初めて、公共交通だけでは難しいと体感されるんじゃないでしょうか。

入佐:ご主人は免許をお持ちで車移動、奥様とお子様は公共交通を利用するという方で、生活が少し大変だという声も伺ったことがあります。やはり、宮崎ライフを目一杯楽しまれるには、車の免許と車は必須ですね。

勝又:そうですね。こちらにお住まいの方は車の免許をお持ちでない方もたくさんいらっしゃいます。ぜひ移住前に取得されることをオススメします。

移住を希望する皆さんへメッセージ

20180711144502_IMG_1293

勝又:ちょっと会いに来ませんか?ってお伝えしたいです。

入佐:そうそう!その感覚ですよね。

勝又:色々とイベントも開催しているので、まずは参加していただいて。最終的に決めるのは人の力。その土地の人と合うかどうかをみていただきたいですね。

入佐:そうですね。イベントで出会った人がどうだったか。そして次に実際に訪れてみて、その土地にピンとくるのか。感じていただきたいですね。

まだ具体的に移住を考えてないけど…という方でも気軽に相談に来て欲しいと思います。メールやお電話でも大丈夫!まずは知ってもらえないと何もわからないですもんね。

勝又:そのとおりです。知らないと不安も大きくなる。ぜひ、まずは気軽に来ていただいて話してみて、ご自身の人生にとってどうなのかを判断していただきたいです。移住って大きな決断。人生ガラッと変わっちゃいますから、じっくりと一緒に考えていきたいです。

移住=恋愛!?

20180711144810_IMG_1319

入佐:移住って恋愛に近いと思うんです。いくら好条件でも、実際に一緒にいるとなんか違うなーってなっちゃったり。逆に「好きかも!」「一緒にいたいかも!」っていう感情で、色んなことを乗り越えてでもずっとここにいたいってなったりも。

勝又:うんうん。フィーリングってすごく大事ですよね。ブームや誰かに言われたからではなく、自分自身が充分に納得した状態で移住して欲しいと思いますね。

入佐:宮崎市移住センターは、移住『後』もサポートしているんです。もし、宮崎市への移住後に困ったことがあったら、迷わず宮崎市役所第2庁舎3階に来ていただきたいです。

『宮崎市移住アンバサダー』という宮崎市へ移住される方を応援する企業さんが集まった制度も始まっています。不動産・飲食・企業・NPO団体などの様々なジャンルの方が登録されていて、定期的に情報交換しているんですよ。

不動産

▲不動産アンバサダーの皆様

ぜひこれらの仕組みをフル活用していただいて、”MIYAZAKI LIFE”を存分に楽しんでいただきたいです♫

001

ご連絡お待ちしております!

 

 

 

 

宮崎ひなた暮らしUIJターンセンター 東京支部

URL:https://iju.pref.miyazaki.lg.jp/
住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階
電話番号:03-6273-4200
メールアドレス:info-tokyo@miyazaki-hinatagurashi.jp
開所時間:火曜日~日曜日 午前10時~午後6時
(月曜日、祝日及び年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)は休館)

お問い合わせ

お問い合わせフォーム