移住者の声

宮崎の人と北海道の人は、テンポが合う

北海道旭川生まれ。転勤族だったため、幼少は神奈川、小1からまた旭川に戻り、小4から埼玉と各地を転々としました。東京の大学を卒業後、都内の出版社へ編集者として就職。独立や転職を経て、仕事仲間が宮崎に移住したことをきっかけに、2018年4月に宮崎へ移住しました。

移住前にも仕事でよく訪れていた、宮崎。とにかく人がいいし、ご飯やお酒が美味しく、自然もある人口密度もちょうど良く、生活費も安い。これらは地方ではよく言われる部分だとは思いますが、宮崎はレベルが段違いです。とくに、宮崎最大の歓楽街「ニシタチ」がおもしろい!

飲み歩きが好きな人には天国のような街ですね。またこれは持論ですが、宮崎の人と北海道の人はテンポが合うと思うんです。話し方や行動のテンポが緩やかで心地いいですね。

マイカーや病院の情報収集に困った

移住の際には、宮崎市移住センターも活用し、宮崎の情報を色々と教えてもらいました。また知人の紹介で、宮崎市の創業支援事業「みやざきスタートアップハブの存在を知り、所属。そこでの繋がりが事業にいきていることも多いです。

ただ移住後、困ったこともありました。車社会の宮崎。マイカーが必要になった際に、知らないことが多く調べるのが大変でした。駐車場の情報や、維持管理についてなど、調べるのに一苦労でしたね。また、医療関係の情報はインターネット上に掲載が少なく、情報収集がとても難しかったです。いずれの情報も宮崎の知人に聞くことで親切に教えてくれたので、大変助かりました。

女性の就労支援を行う、株式会社MiyaFaMを設立

宮崎の女性と話す中で、育児をしながら働くママの活躍の場が少ないことに気が付きました。そこで今回、都内でママの就労支援事業を行う株式会社LIFULL FaMと提携し、私のこれまでの経験や繋がりを活かし「ライティング(記事制作)事業」でママたちをバックアップしたいと考えました。ライティングは、パソコンとネットワーク環境さえあれば、自宅にいながらでもでき、自然とIT技術にも触れ続けることができます。これらの経験は、その後のキャリアにもいきてくるのではないかと考えています。また同時に「リスティング」と呼ばれる、ウェブ広告の運用代行業も行っています。ライティング同様、環境が整えば、自宅で空いた時間に取り組むことができます。

子どもとの時間も大事にしながら、スキルアップにも繋がり、収入を得ることが出来る。このスタイルで、ママはもちろんのこと宮崎の女性の皆さんを応援していきたいです。

在宅での仕事に興味はあるけど、ライティングやリスティング、聞き慣れない言葉でよくわからないという方もいらっしゃると思います。そんな方向けに、説明会も開催していますよ。具体的に業務にどれくらいの知識や時間が必要で、給与がいくらくらいになるのか。そして、どんな業務内容なのか、などを詳しくご紹介しています。少しでも興味のある方は、ぜひ一度聞きに来てみて欲しいですね。

ユニークな人が溢れ、チャレンジしやすい場所

宮崎は、おもしろくて変な人が多い!キャラクターの宝庫、動物園のようで最高です。何かにチャレンジしたい人を応援する文化もかなり根付いていると思いますね。県外からの人に対してもオープンに接してくれるのもすごくありがたいです。まだまだ宮崎の良いところが外に発信されていないので、もっと発信してみんなに注目してもらえたら嬉しいですね。

 

 

■株式会社MiyaFaM

宮崎市錦町5−13㈱タイヨーグラード錦町店2階

miyafammama@gmail.com

https://www.miyafam.jp/

プロフィール

恒吉 浩之さん(45歳)。北海道旭川生まれ。東京の大学を卒業後、出版社に編集者として勤務。その後、2003年に独立。知人が宮崎県へ移住したことをきっかけに、2018年に宮崎市に移住。これまでのスキルや繋がりを活かし、ママの就労支援を行う「株式会社MiyaFaM」を設立した。

お問い合わせ

お問い合わせフォーム